オステオパシーとは

<概要と一例>

​◆アメリカで150年以上前に構築された医学です。創始者のDr.アンドリューテイラー​スティル博士は、その時代ほとんど知られていなかった「身体にひそむ回復力」を見つけ出しました。人の身体は、一つの小さな卵からたくさんの細胞分裂によって出来上がっています。つまり、頭の先からつま先まで途切れることなく繋がっているということです。本来はすべての組織がお互いに支え合いながら働いていますが、ある一部が硬くなったり、体液が流れなくなった時、調和が崩れ、様々な不調や病を引き起こすのです。この調和を妨げている要因を調整することで、「身体にひそむ回復力」を引き出し、健康を取り戻す医学がオステオパシーです。

 

◆足首の捻挫をすると身体はどうなると思いますか?足首の靭帯や筋などの損傷により痛みを伴う…これだけではありません。それと同時に、捻挫で引っ張られた力は膜を伝わって腰や首などに影響を及ぼすことがあると、オステオパシーでは考えます。足首の痛みがなくなればそれで終わりのように見えますが、時間をかけて別な場所に痛みを出すと考えられます。そのため、例えば上記のように足首が原因で首が痛い人に対して首へのアプローチが効果的と思えるでしょうか?この場合、首の痛みの原因が足首から来ているということになるため、足首への調整を行います。

オステオパシーは、上記のように、痛みのある部位に着手するのではなく、時間をかけて出来上がった本当の原因を見つけ出し、調整を行うことで症状を改善していく医学です。

<施術の流れ>

◆まず初めに問診票に、現在の症状や病歴などを記載していただきます。

◆次にその問診票を確認しながら、起こった出来事やその時の状況を確認し、現在の身体状況を見極めていきます(話せない内容は無理に話さなくて構いませんよ)。

◆施術の効果を確認するために、身体の位置関係・関節の動きや柔らかさなどを確認してから、ベッドに寝ていただきます。

◆施術する部位の診断は、主に頭頂部に触れ、そのあと全身を診ていきます。

◆施術箇所をいくつか特定した後、非常にソフトな施術により調整・矯正していきます。

​◆施術が終わった後は、その場で症状が軽減するかたもいれば、症状は変わらないが「体が軽くなった」「頭がすっきりした」「視野が明るくなった」などの実感がある方もいます。

◆調整後数日、体液や血流、エネルギー等の循環が起こることで、だるさが出たり、痛みが出たりすることがありますが、これは良い反応です。3日以上、期間を空けることで、回復力を取り戻し、再度調整を行います。

※長期間の構造的な硬さが起こっている場合、身体の回復力を取り戻すまでに年単位の時間がかかる方もいらっしゃいます。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • オステオパシー治療処-ムスヒ-
  • むすびついったー
  • てらけいいんすた